資格情報

2021年度 宅地建物取引士試験について

皆さん、こんにちは!

日建学院焼津校運営管理の榊原和真です。

本日は少し間が空きましたが、本年度の宅地建物取引士の10月試験について振り返っていきたいと思います。

まず最初に全体的な難易度のお話ですが、本年度の10月試験は昨年の10月試験に比べるとやや難しいものとなりました。

次に科目別に見ていくと、まずは権利関係はやや高め・法令上の制限はやや高め・税鑑定評価はやや高め・宅建業法はやや易しめ・免除科目はやや易しめでした。
※比べるものは昨年の10月試験になります。

権利関係に関しては、昨年出題されなかった個数問題が本年は1問出題されました。
昨年の目玉だった民法改正については本年も問2・6・7と改正に関する問題が多い印象でした。

法令上の制限は、昨年単独出題があった「国土利用計画法」が今年も出題がされ4年連続の出題となりました。
問17・18の建築基準法はかなりの難問だったため、総合的に見て昨年よりも難易度はやや高めだったといえるでしょう。

税鑑定評価は、地方税・国税ともに難問であったため難しめだったといえます。

宅建業法については、個数問題が昨年よりも1問増えたということ、改正点である重要事項説明書面の記載事項の「水害ハザードマップ」について1問の出題があったことが特徴でした。
業法全体的にみると昨年同様やや易しめの評価になります。

受験された皆様はいかがだったでしょうか。
昨年よりも少し難易度が上がったことで少し戸惑う方も多かったと思います。
ですが、法改正ポイントをしっかり押さえ過去問を十分に理解出来ていれば解答できる問題が多かったと思いますので、今年失敗してしまった方も本年度の失敗点を来年度にしっかりと修正していきましょう!

10月試験の合格発表は12月1日水曜日なります。

日建学院 焼津校
運営管理 榊原和真

2021年度宅地建物取引士試験について

皆さん、こんにちは。

日建学院焼津校 運営管理の榊原和真です。

本日は、タイトルにありますように本年の宅地建物取引士試験についてになります。

本年は昨年にもあったように、10月試験・12月試験と先着にて割り振られる形となりました。実際に10月試験の定員が記されているわけではないのでなるべく早く申し込みを完了させましょう。

受験をお考えの方は早急に申し込みを準備するようお勧めします。

そんな今年の受験申込期間についてですが、例年同様郵送については7月1日~7月30日(当日消印有効)インターネットについては、7月1日~7月18日21時59分までとなっています。

申込自体の内容については例年通りとなりますので、説明は省かせていただきます。

独学での学習をしている方も、焼津校にて申込用紙の余分は少し用意していますので、遠慮なくお問い合わせください

次に会場の注意事項ですが、昨年は会場の借り上げの問題で、中部の方もツインメッセ沼津にて試験を行いましたが、本年は中部地区にもいくつか会場が追加されているようなのでなるべく近場で本試験を行えるかと思います。

その他、宅建試験の勉強に関することで気になることがありましたら遠慮なくお問い合わせください。(※試験自体の疑問点は試験元へ問合せすようお願い致します)

日建学院 焼津校
運営管理 榊原和真

2020年度 宅地建物取引士 本試験

皆さん、こんにちは。

日建学院焼津校 運営管理の榊原和真です。

昨日2020年度宅建本試験が行われました。

本年度は県内は6会場での開催で、例年実施会場となっていた「静岡産業大学:藤枝キャンパス・磐田キャンパス」での実施が中止されていました。

それを受けて非免除者(50問実施)の方はキラメッセ沼津での開催になったかと思います。

本試験当日の会場では例年とは違う会場での開催もあって、例年とは違った会場の雰囲気でした。

キラメッセ沼津では、1時間以上前から入場される方も多く会場は早めのうちから埋まっていった感じでした。

それでは、日建学院からの科目ごとの総評のほうを見ていきましょう。

「権利関係」
全体的な難易度は昨年よりもやや高かったといえる。
民法改正については、問2「保証契約」問4「賃貸借」問6「錯誤」問9「売主の担保責任」など半分近くが改正に関係のある出題となった。

「法令上の制限」
例年よりもやや易しかったといえる。
昨年単独で出題のあった「国土利用計画法」は今年も出題され、3年連続の出題となった。
問20の「土地区画整理法」はかなり難しかった。
その中で「都市計画法」「宅地造成等規制法」「農地法」は繰り返し問われているポイントが多く、得点できるポイントだったでしょう。

「税・価格の評定」
例年よりもやや易しかったといえる。
地方税では予想通り「不動産取得税」が出題されました。
国税においても、4年ぶりの出題となったものの予想通り「印紙税」が出題となった。

「宅建業法」
昨年度と同等、もしくはやや易しかったといえる。
昨年6問あった個数問題は、4問と減少した。
「三大書面」からは7問の出題、「営業保証金」からは単独1問、例年1問の出題となっている「宅地建物取引士」は2問の出題となった。
「業務上の諸規制」は1問単独での出題でした。
昨年よりも少し変更点は見られたものの、過去問をしっかりと実施し学習出来ていた方は解きやすかったのではないしょうか。

「免除科目」
難易度としてはやや低かったといえる。
「住宅金融支援機構」「景品表示法」「統計」と確実に得点できる問題がある中、「建物」の問題はかなりの難問だった。

日建学院の解答速報の映像はこちらから視聴いただけます。→(ここをクリック
50問の予想解答・総評はこちら→(ここをクリック)※
※総評ページよりWEB採点サービスを行っておりますが、19日午前12時で締め切りになりますのでご注意ください。

来年度の受講を考えている方に→日建学院宅建コース一覧

本年度はこのような形になりましたが、来年度もどうなるかはまだわかりません。
興味のある方・実際に既に来年受験される方どちらでも日建学院 焼津校では全力でサポートしますので、遠慮なくご連絡ください。

それでは、日建学院焼津校 運営管理の榊原でした!

日建学院 焼津校
運営管理 榊原和真

2020年度(令和二年) 2級建築士 結果

皆さんこんにちは。

日建学院焼津校 運営管理の榊原和真です。

本日は合格発表から少し間を空けてしまいましたが、2020年度2級建築士学科試験についての結果を見ていきたいと思います。

本年度の実受験者数は約1万8千人と例年と大きくは変わらない受験者数となりました。

先に合格率も見ていくと、41.4%と昨年と同等な合格率(一昨年は37.7%)になりました。

基準点としても例年通り、各13点:計60点となりました。

受験者の統計データは、試験元ホームページに掲載されていますので気になる方はご覧になってみてください。(試験元:建築技術教育普及センター

試験問題等も上記リンク先(試験元)ホームページに掲載されています。

試験全体の統計データはこのようになっていますが、ここで1つ皆さんに知っておいてほしいことがあります。

実は、焼津校では本年度在籍生3名が全員合格されました!

来年度も在籍生全員を合格してもらえるような体制・環境を作っていきたいと思っているので、来年度試験を受けようかな・どこかの講座にいってみようかなと思っている方は遠慮なく「日建学院 焼津校までご連絡ください。

簡単にどんな教室なのか見たい方でも構いません!

コロナの関係もあるので、あんまり来校で人と接触したくないなという方もお問い合わせフォームから教室の写真や、講義を受けている風景をお見せすることはできるので遠慮なくご連絡をどうぞ!(フォーム:問い合わせ

2級建築士だけでなく、そのほかの資格でも気になることがあればどしどしお問い合わせください!

日建学院 焼津校
運営管理 榊原和真

2020年度 宅建 本試験申し込みに関して

皆さんこんにちは。

日建学院焼津校 運営管理の榊原和真です。

さっそくですが、本年度の宅地建物取引士の本試験申し込みが開始されています。

例年通り、郵送では7月1日~7月末、インターネットでは1日より2週間と本年度も変わらずといったところでしょうか。

ただ、本年度の注意事項として宅建試験元のホームページでも掲載されていましたが、試験会場の借り上げがコロナウイルスの関係で厳しく人数制限が設けられる可能性があります。

そうなった場合、当初の予定日10月18日分の人数を超過した場合は別日を設けると掲載されていました。

なので、先着順となるとなっていましたので本試験申し込みを考えている方はなるべく早く申し込みをすることをお勧めします。

2回に分けられる可能性がある以上、試験問題は別のものになると思いますし後半は勉強期間が延びることを考えて前半より多少は難解なものになるのではないでしょうか。(個人的な見解です)

日建学院 焼津校
運営管理 榊原和真

新型コロナウイルスに対する各種施工管理技士試験について

皆さんこんにちは。

日建学院焼津校の榊原和真です。

今回はタイトルにもありますように新型コロナウイルスに関係する、各種資格試験の対応についてになります。
 (注)本記事で取り上げるのは各種施工管理技士になります。

まず、一般財団法人 全国建設研修センターが行っている施工管理技士の試験から見ていきましょう。

・1級土木施工(学科)→延期(7/5→7月下旬-詳細未定)
・2級土木・管工事・電気通信工事・造園施工の6月試験→中止

次に、一般財団法人 建設業振興基金が行っている施工管理技士の試験です。

・1級建築施工(学科)→延期(期日未定)
・2級建築施工(前期)→中止

このようになっています。これは本日(5月18日月曜日段階)での状況です。

GWを明け、新型コロナウイルスの波が少し減少傾向にあるとはいえまだまだ慎重にならざるを得ない状況での決断かと思います。

2級施工管理技士の受験を予定されていた方は、決してここで集中を切らさず11月試験に向けた学習を続けましょう。

日建学院 焼津校
運営管理 榊原和真

建築士試験の申込に関して(変更)

皆さんこんにちは、日建学院焼津校 運営管理の榊原和真です。

本日は、先日記事をアップした建築士試験の申込に関して変更事項があるので確認していきましょう。(前回の記事:2020年度 建築士試験申込に関して

先週16日より配布が始まった2級建築士試験受験願書の中に新型コロナウイルスの影響で受付場所による受験申し込みが今年は出来ないことの注意事項の案内がありました。

それに続いて本日同じように1級建築士試験のほうでも、受付場所による受験申し込みが出来ないことが発表されました。

加えて、受付による申し込みができないことにより郵送による受験申込期間が1級2級共に延長されたので案内しておきます。

【1級建築士】
・4月1日(水)~4月7日(火)
   →4月1日(水)~4月20日(月)

【2級建築士】
・3月25日(水)~3月31日(火)
   →3月25日(水)~4月13日(月)

このように延長されていますので、申し込み予定の方はお気を付けください。

1級建築士を受験しようと思っている方はすでにお気づきかとは思いますが、今年の1級建築士学科試験の日程が早まっていることもご注意ください。
現在オリンピックが開催されるか否かで話題になっていますが、一応現在の発表では例年より2週間学科試験日が早まっていますのでしっかりと確認しておきましょう。

先に発表された期間よりも大きく変更されているのでしっかりと日程を確認しておきましょう。

日建学院 焼津校
運営管理 榊原和真

2020年度 建築士試験申し込みに関して

皆さん、こんにちは。

日建学院焼津校 運営管理担当の榊原和真です。

本日は、タイトル通り建築士試験に関して詳細が出ていますので確認していきたいと思います。

1級建築士
願書配布期間:3月23日(月)~4月20日(月) ※土日祝日を除く 9:00~17:00
申込受付期間:郵送‐4月1日(水)~4月7日(火)
       ネット‐4月13日(月)10:00~4月20日(月)16:00
       受付‐4月16日(木)~4月20日(月) ※土日含む
学科本試験日:7月12日(日) ※票発送 6月19日(金)頃

2級建築士
願書配布期間:3月16日(月)~4月13日(月) ※土日祝日は除く 9:30~17:00
申込受付期間:郵送‐3月25日(水)~3月31日(火)
       ネット‐4月13日(月)~4月20日(月)17:00
       受付‐4月9日(木)~4月13日(月) ※土日含む

このようになっています。各自確認を忘れないように気を付けてください。

日建学院焼津校では、必要であれば取り寄せも行っていますので必要な方は日建学院焼津校ホームページより資料請求にてお問い合わせください。

日建学院 焼津校
運営管理 榊原和真

2月 試験情報

皆さん、こんにちは。日建学院焼津校 運営管理の榊原です。

2月半ばにはなりますが、現状の試験情報(本試験申し込みや合格発表など)をお知らせいたします。

/14日(金)より2020年度1・2級舗装施工監理技術者の本試験申し込みが開始しています。
締め切りは、 /28日(金)となっています。

現状、2月申し込みのものは1・2級舗装だけとなっていますので、受験予定の方は忘れずに準備しましょう。

日建学院では、受験願書取り寄せサービスというものも行っていますので遠慮なくお問い合わせください。(下記をクリックでフォームに飛びます)

受験願書取り寄せサービスお問い合わせフォーム

併せて、 /21日(金)には2019年度1級管工事施工管理技士 実地試験と2級管工事施工管理技士の合格発表もありますので、受験された方は忘れずにチェックしましょう。

2020年度はオリンピック開催もあり、資格試験の日程が少しずれているものもありますので、日程等のチェックは随時ご自身でも確認するようにしましょう。

日建学院 焼津校
運営管理 榊原 和真

2019年度 宅地建物取引士 本試験

皆さん、おはようございます!

日建学院 焼津校 運営管理の榊原和真です。

昨日は宅建本試験お疲れ様でした!

昨年度の37点という結果から早一年が経ちこの日が来てしまいましたね。昨年度の合格基準から今年はどんな風になってしまうんだろうと不安だった方もいらっしゃったかと思います。

受験された方は何にしても一旦しっかりと休息を取り、合格発表に備えてください。

本日は見たくない方もいるかもしれませんが、日建学院の本試験の総評や、本試験の解答番号(速報)の発表になります。予想合格推定点もありますので、自分のものとしっかりと比べてください。

まず、総評に関してですが、本年度の全体的な難易度は昨年度と同等だったといえるでしょう。
科目別ですが、
権利関係
権利関係では問5で「判決文」という特徴のある形式の問題が出題されました。いわゆるマイナーな問題の出題はありませんでしたが、問6の「遺産分割」や問10の「抵当権の順位の譲渡」といった解きづらいものが一部出題されたところは大きな特徴といえるでしょう。
また、「物権変動」「不法行為」などが久しぶりに出題されました。
法令上の制限
法令上では、問17と18に出題された「建築基準法」、問20の「土地区画整理法」はかなりの難問だったといえるでしょう。
昨年単独で出題があった「国土利用計画法」については、2年連続で単独出題があった。
一部解きづらい問題が出題されたが、「都市計画法」「宅地造成等規制法」「農地法」は、過去問で繰り返し問われているポイントが出題されたので溶けた方も少なくないだろう。
ただ、全体的には例年よりもやや難しかったといえる。
税・その他
税・価格の評定では、地方税として「固定資産税」が予想通り出題されたが、今年の改正点であるタワーマンションについてのポイントが問われたので戸惑った方もいるでしょう。
国税においては、大方の予想を裏切り「譲渡所得税」が2年ぶりに出題されたが基本的な問題であった。全体的な難易度としては例年通りだったでしょう。
宅建業法
業法では、昨年度3問の出題でとどまった個数問題が本年度は6問も出題があった。
例年1問出題される「営業保証金」の出題がなかったこと、いわゆる三大書面から6問も出題がされたことが業法での大きな特徴だったでしょう。
また、昨年の改正点について今年も引き続き複数出題されたことも大きなトピックであった。消費税についても動向が注目されたが、問題文では「8%で計算するものとする」と指定されて出題された。

免除科目につきましては例年と差異はありませんでした。

さて、では注目の解答番号の項目ですが、こちらは速報時点のものになりますので事前の予告なしに変更される場合がありますのでご注意ください。

2019年度 宅建解答番号(PDFファイルになっています、クリックしてください)

今年の宅建試験も本当にお疲れ様でした。
合格発表があるまでは、結果はどう転ぶか分かりませんので、最後まであきらめずに発表を待ちましょう。

発表後の動きですが、日建学院でも説明会等が行われます、詳細つきましては近日またブログにてお知らせしますのでお待ちください。

日建学院 焼津校
運営管理 榊原 和真