日建学院焼津校ブログ > NEWS > 資格試験情報

資格試験情報


皆さん、こんにちは。焼津校の榊原です。

本日は、本年度の資格試験直前期に向けたご案内と、来年度のご案内になります。
(1):宅地建物取引士
(2):各種施工管理
(3):建築士(2018年度)

(1)宅地建物取引士
まずは、宅建からですね。2017年度試験まで約1か月となりましたが、皆さんの学習状況はいかがでしょうか。
宅建は、やはり「宅建業法」を確実に得点できるようにならなければ勝負ができません。
本試験でも20問も出題があるので、落す事が出来ない科目ですね。
最近焼津校の生徒さんの中では、[35条・37条]双方の書面の区別が正確に判断できないと事例がありました。
書面の区別は本試験でかなりのポイントになると思われるので今のうちに対策しておくことが重要です。
今の時期に基礎学習をする時間はありませんので、問題集等を活用し実際に問題に触れながら覚えていくことが大事だと思います。

(2)各種施工管理
次に、各種施工管理です。
土木・建築・造園・管工事・給水、と向こう2か月で続々と試験が実施されていきます。
1級は実地試験・2級は学科&実地試験、受験対象者はここから一気に学習ペースを上げていかないといけません。
実地に関しては、なんといっても経験記述です。
実地試験自体は、経験記述と記述式問題からなります。両方とも文章を書くことになりますので日頃から訓練しておくことが必要になります。
しかも、文章を書くにしても学科の知識をもとにしての文章なので難易度はかなり高いと思われます。
しっかりと対策をしたうえで本試験に臨むようにして下さい。

(3)建築士
2018年度の建築士講座が既に募集状態に入っています。
日建学院の建築士講座は、1級は11月・2級は12月スタートして半年以上の対策をとります。
建築士試験は何と言っても、日建が扱っている資格の中でも最高難易度の資格試験になります。
生半可な気持ちでは合格することはできない資格です。
通学が始まるまでの通信学習が付属しているコースもあります。
建築士で2年3年の学習をしている人は多数いらっしゃいます。
それでも、日建学院はもちろん1発合格をできるほどのカリキュラムをご用意させて頂いてますので、気になる方はぜひ!焼津校までお問い合わせください。

学習の事だけでも構いませんので、気になることがあれば焼津校(榊原)までお問い合わせください。

榊原 和真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)